遊行のススメ

  1. ホーム>
  2. 遊行のススメ

遊行とはなにか?

遊行(ゆぎょう)とは、知的好奇心をくすぐる新しい旅の提案です

見知らぬ土地に出かける。
まだまだ知らない日本が沢山ある。
まだまだ出会うべき人が沢山いる。
日本は小さな国。
だけど、世界で最も古い国。
深くて、楽しい場所と文化がある。
きっとあなたに見知らぬ日本をご紹介できると思います。

「遊行」と申しましても、多くの方には馴染みのない言葉だと思います。
長く民俗学の採訪などをやっておりますと、度々「遊行」をしている自分に気付きます。
端的に云えば、「遊行」とは旅をすることでありますが、普通の旅とは少し異なります。
仏教に「遊行僧」なる言葉があります。
自戒や懺悔など自分の内側に向いた厳しさを連想させる「修行僧」と似て非なる響きのこの言葉。
「遊行僧」は、外へ外へとひたすら移動し、動く事によって、様々な困難を克服する為の知恵を身につけ、実践して行きます。
いわゆる現代の僧侶とは違い、諸国を流浪し、医術、薬術、戦術、治水・灌漑術などに長けた存在としての僧侶たちは庶民から尊敬され、様々な場面で求められることも多かったようです。
故に嵌れば確実に自らを成長させるというのが「遊行」の醍醐味であると思われます。
「かわいい子には旅をさせよ」。
旅とは本来未知なるものとの交流。

予期しない価値を得る「制約を作らない楽しみ」があるものです。

日本は狭いようですが、意外に広いもの。
その広さは面積ではなく、容積のような感覚に近く、この国の歴史の深さ、時間の濃さと関係しております。
少し歩いただけでも、あまりにも情報量が多く、驚くことばかりです。
そこでこの「遊行のススメ」では三つのポイントを絞って、皆様に楽しんでいただいております。

  • 一つ目に「その土地を知る」こと。→風土、歴史、地名、技術など。
  • 二つ目に「その土地のものを食らう」こと。→空気や水を楽しむ。名産を知る。食する。
  • 三つ目に「その土地のエネルギーに触れる」こと。→温泉に入る。人と触れあう。技術を触れあう。

開催のご案内

第十三回職人出逢い旅 「日光・益子の史跡、職人を訪ねる」

人間国宝や紫綬褒章受章者など、日本の名だたる職人の方々が全国から集まり親交を深める。年に一度の【職人出逢い旅】。
ゆきすきのくに井戸理恵子が、30年間日本全国を渡り歩き、職人お一人おひとりとのお付き合いから発展したこの旅。
第13回目は「日光・益子の史跡、職人を訪ねる」でした。
普段なかなかお目にかかれない、世界に誇る日本の伝統技術をもつ職人集団。そんな方々が、各地の先代達が残した歴史的な仕事をその目で確かめ、楽しげに意見交換をしながら歩いてゆきます。控えめで和やかな会話の中に、仕事に対するプライド、専門家ならではの独自の視点、モノに対する愛情などをを垣間みることが出来ます。そのさまはやさしく、かつ圧倒的な迫力でついお話に引き込まれてしまいます。写真は非公開となりお見せできませんが、今回も各方面のご厚意により、一般公開されていない重要文化財などの解体修理現場をはじめ、見所満載の充実した旅となりました。

旅行期日 終了しました 平成27年3月27日(金)~3月28日(日)  1泊2日
参加費 35,000円
(貸し切りバス代・宿泊代金・昼食代・有料道路代・拝観料・見学料等が含まれています)
集合場所 東京駅八重洲南口
詳細 第十三回職人出逢い旅 「日光・益子の史跡、職人を訪ねる」PDF

ツアー実施例

過去の遊行ツアー

  • 職人と巡る日本各地の旅(たたら製鉄、1200年を超える建造物の見学ほか)
  • 神社仏閣とその素地を巡る旅(壱岐対馬、宇佐、伊勢、住吉、山岳信仰、ほか)
  • 職人のわざを訪ねる(漆、陶芸、和紙、織物、麻、染め物、鋳物、ほか)
  • 日本の深層をみつめる(縄文への回帰、神仏習合、伊勢神宮と壬申の乱、ほか)
  • 神仏習合への旅(出羽三山、金華山、大峰山、白山、高野山など)
  • 和紙の里(今立・美濃・吉野、ほか)
  • 佐賀・有田焼、石川・九谷焼き、愛知・常滑など陶芸の産地を訪ねる

職人出逢旅 ―過去20年来の親交のある職人や科学者たちと伝統技術とその技術が培われた風土を訪ねる旅―

  • 訪れた場所
    越前、京都、高岡、姫路、奥出雲、金沢、輪島、比叡山、有田、奈良月ヶ瀬、伊勢、岐阜関、恵那、燕三条、茨城、日光、益子、鹿沼、ほか。
  • 職人
    福井宮大工 直井光男棟梁、伝統左官職人 磯野勇氏、建具 横田利宏氏、経師 牧野輝男氏、牧野友美氏、打刃物 佐治武士氏、越前漆器 小橋敬一氏、高岡宮大工 田中健太郎棟梁、鋳物師 大澤光民氏、鋳物着色 立川善次郎氏、錦帯橋棟梁 海老崎粂次棟梁、越前今立 岩野市平衛氏、輪島漆器 故・角偉三郎氏、角有伊氏、穴太積石工 粟田純司氏、関刀鍛冶 藤原兼房氏、姫路鍛冶師 明珍宗理氏、明珍敬三氏、古代たたら製鉄 木原明氏、新見たたら 藤井勲氏、舟津神社宮司(古文書学)橋本匡弘氏、古民家研究 福井宇洋氏、ほか、参加者多数。